Audi A3 8V Related


 
 





 A5: VW Jetta が車齢 10 年を越え,天井から内装の布が垂れ下がってきて,容易に繕えそうにもないので,2016 年 8 月,盂蘭盆を目前にして Jetta の代替として "Third Generation" Audi A3 を調達した.VW Jetta の車輌サイズや走行性能に不満はなかったが,Jetta の我国への輸入は Discontinued となっていて A5: Jetta の後継車,A6: Jetta 入手の見込みはなく,似たサイズのセダンとしてはこれ Audi A3 以外の選択肢はなかった."B9" Audi A4 が候補とならなかったのは,全長 4,735 mm と過大であるうえ,特にその全幅が 1,840 mm もあるが故で,車庫入れなどを勘案すると全幅 1795 mm の Audi A3 を選ばざるをえなかった.A5: Jetta とは逆に A6: Jetta は 低価格路線に向かったことが我国の市場に合わないと判断されたのかもしれない.現行 A6: Jetta はまだ Modularen Querbaukasten (MQB) に移行しておらず,やはり一世代前のものである.A7: Jetta は 2017 年夏ないし秋にお目見えとのことであるが,これも我国には入ってこないのであろう.Audi A3 8V は A7: Golf と同じ Platform を使い,すでに MQB モデルであるのも調達を決めた要因のひとつである.

 DBA-8VCXSL
  全長 × 全幅 × 全高: 4465 × 1795 × 1405 mm
  ホイールベース: 2635 mm, 車重: 1330 kg
  エンジン型式: CXS, ボア x ストローク: φ74.5 mm × 80.0 mm,圧縮比: 10.0 : 1
  最高出力: 90 kW (122 PS) @5,000-6,000 rpm,
  最大トルク: 200 Nm (20.4 kgm) @1,400-4,000 rpm

 VW/Audi Downsizing エンジンの初代 1.4 TSI,EA111 系, BLG は Short Stroke, φ76.5×75.6, 125 kW/170 PS @6,000 rpm, 240 Nm @1,750- 4,500 rpm であった.今回のエンジン EA211 系, CXS は高出力版 CPT と共に 1.4-liter Downsizing エンジンの二代目に当たる.φ74.5×80.0 と Long Stroke.初代にあった Supercharger はこれら二代目には付いていない.

 

 BLG の質量は 126 kg,現有 CXS のそれは 104 kg という.MQB 態勢に入って,エンジンがシリーズ化され,軽量化も大幅に進んだ.初代 BLG の正味平均有効圧 BMEP は 21.7 bar であり,二代目として代替えとなった CPT では 22.5 bar である.CXS はそれらよりトルクも出力も抑えた De-rating 版である.それでも BMEP 18.0 bar で,Rightsizing 化であるとも言える 平均有効圧で出力密度を表現するのはかつては舶用エンジンであったのに.いまでは乗用車用エンジンでも BMEP が指標として使われるようになった.ちなみに,A5: Jetta の 1.98-liter BLX エンジンの最大トルクも 200 Nm.ただし BMEP 12.6 bar.BMEP 22.5 bar とか 18.0 bar とかになっていることが Downsizing という意味.

 この Audi A3 は Hungary の Györ で作られている.車体色は "Beluga Brown, Metallic" *1, シートは Milano Leather, "Pashmina Beige".日本のカタログでは "パシマベージュ" となっていて何のことか把握しかねたが,実は "パシュミナ" *1 のこと.外装色:黒,内装色:ベージュの A5: Jetta からの移行で,色の相互偏差が最小となる選択でもあった.

 *1 ベルーガ Beluga はチョウザメ 蝶鮫.キャビア Caviar の親魚.カスピ海産のキャビアは現在,取引制限がかかっていて,キャビアの価格はどれもこれも高騰.いにしえの 1981 年,Hotel National, Moscow の Bar で,きんきんに冷えた Vodka 100 g に合わせてベルーガキャビアを 100 g 食した記憶. パシュミナ Pashmina: 本来はカシミール/ラダックでパシュミナ山羊の毛から手織で作られる織物.羊毛のカシミアよりもさらに繊細. Beluga, Pashmina 両者共に,今や本物を見ることさえ困難ですよという暗喩か.

 Vento, Bora, Passat, Jetta と乗り継いできて,トランク積載容量 *2 Boot Capacity が 500ℓくらいあるという利点を享受していたが,A7: Audi A3 ではそういうご利益には与れない.それぞれを較べてみると下記のようである.衝突安全性を確保するためであろうか,車輌の横幅がこの 20 年で 100 mm ほど拡がっている.

  A3: Vento,   4370 × 1695 × 1420 mm,  501ℓ
  A4: Bora,     4375 × 1735 × 1495 mm,  450ℓ
  B5: Passat,   4680 × 1740 × 1460 mm,   475ℓ
  A5: Jetta,    4565 × 1785 × 1470 mm,  527ℓ
  A7: Audi A3,  4465 × 1795 × 1405 mm,  425ℓ

 *2 ただし,トランク積載容量については,Verband der Automobilindustrie, VDA とか SAE Cargo Volume とか,測定法が入り交じっているので,上の絶対値そのものはたいした意味を持たない.




四輪アライメント,Wheel Alignment, Spureinstellung

 納車されて,しばらく走ったところ,何とも居心地の悪い感じが拭えなかった.駐車場から道路へと左折で出るときと右折で出るときとで挙動が異なり,右折で出て直進加速に移ろうとしたときの後輪の納まりが悪いのである.Bora のときもステアリングのリニアリティや回頭性などについて,これで良いのかと走行距離 11,000 km,期間一年間悩んだ末,Wheel Alignment 調整でほぼ解決を見たという経緯があった.Jetta については,納車で乗ってきた者がおかしいと言い,持ち帰って直した.

 今回 Audi A3 については,一年間も辛抱はできず,症状をディーラに話し,その後 Beissbarth, VAG 1995 / VAS 5080 による Wheel Alignment 調整をやってもらい,それでようやく正常になった.前輪キャンバ角不揃い/前輪右キャンバ角過大,ならびに 前輪トーイン過大 がその原因であったと思われる.売った方だけでなく,買った方にも手間や時間がかかるので,そういうものを納められては迷惑である.それも毎度のことである.納車の前にちゃんと調整しておいてもらいたい.

 前輪
  片側トーイン:+0°05' ± 05',Toe-In.修正前:左 +0°22',右 +0°23'
  両側トーイン:+0°10' ± 10',Toe-In.修正前:+0°45'
  キャンバ角:-0°35' ± 30',Camber.修正前:左 -0°56',右 -1°02'
  キャスタ角:7°10' ± 10',調整不可.Castor
 後輪
  片側トーイン:+0°13' ± 05',Toe-In.修正前:左 +0°08',右 +0°08'
  両側トーイン:+0°25' ± 10',Toe-In.修正前:+0°16'
  キャンバ角:- 1°20' ± 30'.修正前:左 -1°23',右 -1°18'




変速機,S-Tronic: 7-Gang Doppelkupplungsgetriebe, DQ200 0AM

 常時ではなかったけれども,発進時,クラッチらしきところから,弱く "クィュー" という,あたかも小鳥の首を絞めたような音がすることが何度かあった.特に,登り坂を発進しながら,小さな半径で曲がるというようなときに顕著に現れた.それが正常なのか異常なのか判らないでいたが,結局,対策品のクラッチに交換してもらって解消された.その部品はリペアキット:#0AM 198 140 S というものである.最後の "S" がどれほどの意味を持つのかは分からないが,"#0AM 198 140" という品番を持つものは他にもいろいろとある.

 この変速機は,Audi 車の大半,縦置きエンジン車用のそれではなく,横置きエンジン車用,VW の DSG と同じ Luk 製.

 



 Dunlop, Sport Maxx RT
 AO_Audi_A3

タイア,Tire, Reifen

Dunlop, Sport Maxx RT, AO_Audi_A3
205/55 R16, 91W
重量: ?? kg

 Dunlop, Sport Maxx RT, AO_Audi_A3, AO: Audi Original Reifen 認証タイア.Dunlop, Sport Maxx には幾つかの Variation があり,RT もそのひとつである.この "AO" マーク付き "RT" のトレッドパターンは左の写真のものであるが,我国で販売されている "RT" のトレッドパターンとはかなり異なる.

ホイール,
Wheel, Felge

Audi 純正 "10-Speichen-Design", "7BP"
#8V0 601 025 BD
ホイール サイズ: 7J × 16
ホール数: 5, PCD: 112
ET: 40
センターハブ径: φ57
質量: 10.6 kg

ホイールハブボルト

M14×1.5, 首下: 27 mm, 着座が φ26 の球面タイプ.#000 071 597

 Sportback モデルではホイール サイズ: 6.5J × 16, ET: 46, "#8V0 601 025 BM"と,セダンのホイールとは諸元が異なるので代用はできない.もともと車幅も 10 mm,トレッド Tread も 20 mm ほど小さい.

 工場出荷時のタイアは Dunlop Sport Maxx RT だけでなく,Michelin Primacy 3, Pirelli Cinturato P7, Continental Premium Contact 5, Goodyear EfficientGrip などがある.Dunlop Sport Maxx RT は低寿命であると言われている.その上,他のものより重いらしい.

 Dunlop Sport Maxx RT での空気圧: 最大定員乗車・荷積載における推奨後輪空気圧が 260 kPa となっている.このとき,推奨前輪空気圧は 240 kPa である.かなり長い間,前後輪とも 240 kPa でいたが,試しに前後輪とも 260 kPa で高速道路を走ってみたところ,これが悪くなかった.特に,曲率半径の小さい Ramp を通るときの横剛性に見るべきものがある.




MMI: Multi Media Interface

 ここの記述は "Model Year 2015, MY15" についてのものである.右の写真がその MMI Controller であり,中央 Rotary Selector の周りに四つのボタンが配置されているタイプである.MY19 でここから幾つかの進化があった.

 Audi の MMI: Multi Media Interface が担う主体はまずは Navigation 機能と Music Player 機能である.

“MMI Navigation Issues”

 Navigation 機能で最も関心が高いのは "地図の更新" それも何時まで "無料で" 更新して行けるのかということとその更新方法であろう.

 

 納車されたときにすでにある年次の地図が Install されている.年二回のピッチで新しい地図 Version が発行される.すでに Install されている地図 Version は納車日ないしは初年度登録と一意に関係付けられているわけではない.そこに入っているものを一番目とすると,二番目から六番目までの五つの Version が "無料で "Download できる範囲である.

 例えば,2016 年の前半に納車され,そこに "2015-2016" なる Version が入っていたなら,"2016", "2016-2017", "2017", "2017-2018", "2018" の五つの Download が許される.その車輌の納車日ないしは初年度登録が 2016 年後半であって,その時点で Version "2016" が発行されていたとしても,それは一番目とはならず,あくまでも二番目である.五つの Version を Download できるとはいっても,Download できるのはしようとした時点での最新版のみであり,時期を逸すると以前のものを Download できない.制約されているのはこれら年次 Version の個数,五つまでということであって,Download の回数ではない.また,経過年数でもない.同じものを何度でも Download できる.年次が進行して六番目も過ぎ,七番目以降が発行されている段階で Download できるのは六番目の Version である.初年度登録から三年経過時の初回車輌検査の際には七番目以降が発行されている時期となるのは必定である.

 Download するにはまず "My Audi", www.audi.co.jp/myAudiconnect なる Web site にアクセスして,車台番号 Fahrgestellnummer / Fahrzeugidentifikationsnummer (VIN) を登録しなければならない.そこであわせて E-mail Address と Password も与えておく.それ以降なら login.audi.com/login/#/login にあるメニューから Login して "Audi Connect サービス" へ行き,Download 手順が書かれたファイルを入手する.その手順ファイルが地図関連情報全ての Download を仕切る.この段階で 32-GB 容量の SD Card を用意し,FAT32 で Format しておく.Download 先を使っている Computer の Hard Disk 内にしてもよいが,用意した SD Card を指定した方が後で転送する手間が省ける.

 Login するに当たっては日本の Site へ行かねばならない.米国やドイツの Site からは入れない.Computer の OS を英語のそれにしていると,米国の Site しか出てこず,日本の Site へ行けない状況に陥るということがあった.

 Download 操作に Computer は "Java" を動かせる.“Macintosh” では "Java" は Security 脆弱性が高いとして普段は動かないようになっているので,使えるよう恣意的に設定しないといけない.Download には時間がかかる.光ケーブルが来ているところで数時間というオーダである.

 Download したからといって地図の中味が直ちに現今のものになっているわけではない.高速道路の延伸ですら地図に反映されるのは一年くらい先.個々の行き先についての期待はたいてい裏切られる.店舗などがそれほど遠くないところへ移転したというような場合には二年経ってもまだ元のままである.何百年も続く古刹,重要文化財を持つ寺ですら,電話番号,所番地などで探して全くヒットしないということも少なくない.新しい地図に更新するというのは一種の気休めである.必死になるほどのことではない.

 この Navigation System の一番,かつ根本的問題点は,目的地に近づいていても,目的地には誘導せず,目的地から半径 500 m くらいの周辺を走らせ,遂には Loop を描き,そのまま同じコースで "無限ループ" に陥るのがしばしばであるということである.運転者を補助するどころか,むしろ有害ですらある.例を挙げておこう:1) 長野県,上田城跡北観光駐車場を出発点とし,信州大学繊維学部を目的地としたとき,距離: 2.1 km,通常なら 6 分.2) 同じく長野県,松代の真田宝物館共通駐車場を出発点とし,真田山長国寺を目的地としたとき,距離: 1.2 km,通常なら 3 分.

 この問題への対処方法: 誘導しようとしている路は画面上で Light Blue 空色にて表示されている.この進路が正/逆 U 字形や正/逆 Q 字形になったりしたときには,早めに車を止めて "案内を停止" させ,その地点で再度同じ目的地を入力する.いまのところ,これしかやりようがない.

 この Navigation System の二番目の問題点は,"メモリー地点" をフォルダで分類できない,階層化できないことである.地点の頭に図柄の異なるアイコンを付帯させるだけなので,"メモリー地点" の数が増えてくると,カーソルを延々と何十秒間も下げ続けなければならない."高速道路 IC 入口地点" は旅行では必要不可欠なうえ,"電話番号" で入れて特定しようにも電話番号そのものがないから,事前に "名称" で探して "メモリー地点" にしておくのであるが,それが数多く貯まる.高齢になると"病院・医院" などの "メモリー地点" も増える.

“MMI Music Browsing Issues”

 MMI Music Player で音源を正しく再生させるには,SD Card に曲のファイルをただ Copy すればよい というわけにはいかなくて,曲 Track それぞれに Tag を付帯させておかねばならない."Title", “Album”, “Artist”, “Track Number”, “Album Artwork” などの Tag 情報を必要とする.そのうえ,Audi MMI Music Player は融通のきかない頑なな Player であって,この Player が要求する規則どおりに書き込まれていないと悲惨なことになる.そう肝に銘じておくよりなく,好い加減に気楽な気持ちで曲を SD Card に書き込んで MMI に持って行くなら,Album カヴァ画像は出ず,「不明なアルバム」「不明なアーティスト」の嵐を返される.

 鳴らそうとする曲,聴こうとする Album を指定するために,まず ’Album Browser' を出すと,そこでは,Album カヴァ画像 (“Album Artwork”) のそれぞれが “Carousel / Marry-Go-Round” 式に現れる.右の写真はその “Carousel / Marry-Go-Round” 表示のドイツ語版であるが,日本のものも同じようである.真ん中で正面を向いた正方形 Image が “Album Artwork” tag で与えた Thumbnail であり,その上の文字行は ”Artist" 名に続いて “Album” 名である.Artist の Alphabet 順に左から右ヘと並ぶ.

 このとき,ひとつの Album 内で各曲それぞれ別々の Artist 名がついていると,一枚の Album カヴァ画像だけにはならず,Artist ごとに分別され,同じカヴァ画像が Artist の数だけ 何枚も現れる.いわゆる Multiple 表示になってしまう.”Carousel showing multiple image problem” などと呼ばれる症状としてよく知られた問題である.何人かの Artist が個々に演奏している曲を集めてある,いわゆる ”Compilation Album” を Audi MMI Music Player は上手には受け入れない.

 

 しかし,この問題は必ずしも Audi の瑕疵であるとは言えない.昔からある Media Player の多くはそうなっているとのことである.”Artist" tag が "Album" tag より優先される.iTunes に設けられている “Part of a Compilation” tag はこの問題の解決策であるが,それは Official Tag ではないらしく,Audi MMI には効かない.Audi MMI では,ひとつの Album として CD の中味を一集団にするには,”Artist" tag の内容はその Album を通して共通,唯一のものでなければならない.伴奏者の名が増えているだけでも別の Artist として扱われてしまう.現実的な対策としては,”Artist" tag に入っていた個々情報のうち,どうしても必要なものだけを ”Title” のなかに書き込むというような処置をするよりない.また,”Artist" tag と "Album Artist" tag とが違っていても Multiple に表示される.ただし,”Artist" tag は必須であるが,"Album Artist" tag は空であっても差し支えない.

◯ 不可逆圧縮形式:mp3, wma などで SD Card に書き込むのであればほぼ iTunes で事足りる.
◯ 可逆圧縮形式:flac で SD Card に書き込むにはそれなりの工夫が要る.「MMI Music Player が flac 形式を受け取る」とは User's Manual には書かれていないけれども,”MMI 3G Plus” 以降ならおおよそ問題なく再生するらしい.flac 形式が通るのならこれを使わない手はない.

 少し旧い記事ながら,flac 形式でいく利点が説明されている.
 三宅 健
 FLACで始めるロスレス音楽生活 (前編) クルマでもPCでも音質劣化のないファイルオーディオ環境,2011年 8月 29日
 FLACで始めるロスレス音楽生活 (後編) 音楽CDからFLACファイルにリッピングしてカーナビへ,2011年 9月 5日


flac 形式で SD Card に書き込む

 以下の記述は全て “Macintosh” を使っての処理である.SD Card は予め FAT32 * に Format しておく. * あとで分かったことだが,下に記すように,64-GB, 128-GB の SD Card なら exFAT 形式で Format しても差し支えなく,それが自然である.

 1. “iTunes” を使って wav 形式で曲を取り込む.曲名を Gracenote CDDB から取り入れ,それをファイル名にする *1 にはこれが最も簡単な方法である.iTunes は flac を扱わない.Apple Lossless Codec: ALAC でなら直接取り込めるが,MMI は ALAC を読まない.
 2. “XLD: X Lossless Decoder” などを使って wav 形式を flac 形式に変換し,適切な名前で Folder を用意してそこに収める.
 3. “MusicBrainz Picard” *2 などの ID3 Tag Editor を用いて Tag を編集し,完了したら Save する.Clementine *3 などの flac 形式を扱える Music Player で鳴らしてみる.“Album”, ”Artist" が統一されているかを見るとともに,あわせて,“Album Artwork” が表示されていることを確認する.
 4. 出来上がっている「適切な名前の Folder」を SD Card に Folder ごと Copy する.Folder の「適切な名前」やファイル名などを変えたら念のため 3. の手順に戻る.

 “XLD: X Lossless Decoder” だけで上記の 1. 2. 3. の手順を全てこなせないわけでもないが,読み込みに時間がかかる,”Artist" tag と "Album Artist" tag の内容を同一にできないことが多い,というような理由で,三段階順々にやるのが確実であり,そのうえ短時間で済む.XLD で時間がかかるのは,読み取り時の誤り修正を厳密にやっているからであるとも言う.

 *1 曲名をファイル名にするのは,そうするのが便利という理由からであるが,flac 形式へ変換される際に "Title" tag と "Number" tag として引き渡されるからということもないではない.Audi MMI Music Player が使うのは Tag の内容であり,ファイル名やフォルダ名ではない.ファイル名相当は "Title" tag,フォルダ名相当は "Album" tag である.
 *2 ID3 Tag Editor のなかで,無料かつ使いものになるのは “MusicBrainz Picard” 以外に見つけられなかった.素人が使うのは想定外との姿勢で提供されており,使えるようになるまでには試行錯誤は不可欠.“MusicBrainz” へほぼ自動で照会しに行き,Tag そのものを引き寄せる.それゆえ,合致するものが向こうになかったときにどうするか,そこが使う者の腕の見せ所.それでも,有料の Software を購入してもこれ以上のものであるかどうかと思われる高度さ.Donation は “MusicBrainz Picard” にではなく,“MusicBrainz” へ行く.毎月請求が来ないようにして,一度だけ出すのがよい.
 *3 flac 形式を扱える Music Playerとして他に VOX があるが,無料で使えるのは機能のごく一部であり,制約を外すための支払いを延々と請求してくるので煩わしい.VOX や Clementine は MMI Music Player ほど頑なではなく,融通無碍なところがあるので,Audi MMI に渡すための最終確認機能を果たすわけではない.

 車輌の中で音楽を聴くのにどの程度の Quality が必要か という点については人それぞれに意見があろう.車内は様々なノイズで満ちており,そこで高音質を求める意義があるのか疑われるからである.それでもかつては,CD Changer を後部トランクの片隅に設置していた.この Web Site 中の VW Passat B5, VW Bora あるいは Opel などの記事にあるように,当時得ていた Quality は「情報圧縮なし」のそれであったわけである.Renault LuteciaVW Jetta A5 では mp3 不可逆圧縮形式で CD Media に焼いたものを CD Player の Slot に差し込んでいた.もちろん Slot は一つしかないものの,mp3 不可逆圧縮形式のファイルを読めた.一枚の CD Media で CD Changer もどきができた.しかし,もどきはもどきであると感じていた.原本の CD を Slot に入れたときに出てくる音との差を否定することはできなかった.

 今回,Audi MMI で可逆圧縮形式 flac を扱えると知って,さっそくそれで CD Changer もどきを作り,原本 CD を Slot に入れたときの音質に近い再生を得た.32-GB の SD Card で 90 枚くらいの CD 情報を収録できる.かつてはともかく,いまは充分大きなメモリ容量を使えるようになっており,音源を大幅に圧縮する時代ではなくなって,"Lossless" 音源が志向されている.二枚組,三枚組の CD セットもひとつに繋がった Album にしてしまえる.

 普通の CD は量子化ビット数 Quantization Bit Number: 16, サンプル周波数 Sampling Rate: 44.1 kHz で記録されている."16 bit / 44.1 kHz" などと表示される.flac 形式でならこの音源密度を再現できるというのがこの形式の魅力である.flac 形式はいまやそれに留まらず,量子化ビット数: 24 bit,サンプル周波数: 96 kHz (24/96), 192 kHz (24/192) というような "ハイレゾ音源 Hi-Res Audio" に対応し,アルバム単位ならびにファイル単位でそれら音源が市販されている.Audi MMI では "48 kHz max" と User's Manual にある.マニュアルに書かれていないことでもできることもあったわけだからと,とにかく試してみた."24/96" は再生されず,"24/48" は問題なく受け入れられた.上述の Clementine は前者をも受け付けて鳴らす.サンプル周波数を 48 kHz 以下に De-Rating するには "MediaHuman Audio Converter" を使って 44.1 か 48 kHz へ整数比で落とすのがよい."MediaHuman Audio Converter" はこれ以外にも (image + .cue) ファイルを各曲に分解する Cue Splitter としても XLD 以上に威力を発揮する.MediaHuman にしては珍しく,これは無料である.

 User's Manual で 64-GB 以下の SD Card が使えることになっている.Format についての記述はない.FAT32 は Windows 規格であり,Windows では 32-GB 以上の容量の SD Card を FAT32 で初期化できないと聞く.しかし Macintosh の Disk Utility はこともなげにやってしまう.実際には,128-GB の SD Card に 64-GB 以上書き込んでも支障はない.exFAT, 128-GB SD Card は正常に動作する.Partition を用意するとどうなるかを知るために,64-GB の SD Card を 32-GB 二個に分割して見たが,最初の Partition しか認識されなかった.それゆえ,こうした使い方には意味がない.

 「MMI Music Player が flac 形式を受け取る」ことを知ったのはここ:
 "Audi MMI DOES play FLAC", Pleasantly surprised by the fact that my new MY15 8V plays .flac files via the SD card."
 "Pleasantly surprised" というところに深く同意する.

 その後に見たのだが,英国の Site にあるマニュアル 1, 2 では,SD Card は 64-GB まで,Format は exFAT, FAT, FAT32, NTFS とある:
 "Supported media: SD/SDHC/SDXC/MMC memory cards with a capacity of up to 64 GB, File system for Memory cards: exFAT, FAT, FAT32, NTFS."

 音源の収録,flac ファイル再生の可否などについては,アウディジャパンのレヴェルや顧客への対応を疑う.


「言わずもがなのことだが,内容の一部であろうとも 無断転載を禁ず
引用する場合にはこのページもしくはこの Web site の所在を明記されたい
Copyright © 2016-2019, Y. Ohta, All rights reserved. Except as otherwise permitted by written agreement, the following are prohibited: copying substantial portions or the entirety of the work in machine readable form, making multiple printouts thereof, and other uses of the work inconsistent with Japan and applicable foreign copyright and related laws.

Back to Homepage